Amazonだと赤字な商品もヤフオクだと利益が取れる

事務局の久保です。

せどりをする場合、国内で・・・となると

・amazon

・ヤフオク

を使われると思いますが、それぞれに
「購入者層の違い」というものがあります。

例えば買物をするときに

「amazonでしか買わない人」

「ヤフオクでとにかく安く買いたいと思っている人」

などです。

感覚的にヤフオクのほうが安くて欲しい商品が
手に入るイメージを持たれている人も多い気がします。

それもあって色々と両者で商品価格差を見た時に

amazon > ヤフオク

のことが多いです。

従って、ヤフオクで仕入れてamazonで販売して
利益が出る商品なども多く、電脳仕入先として
ヤフオクを利用している人もいます。

あと、手数料を比べてみると

amazon > ヤフオク

となっていて、amazonで売っても手数料が高くて
利益がとれないけど、ヤフオクで落札してもらえれば
amazonの時よりも手数料が安くて済む分、

★ヤフオクでなれば利益が出る商品

というのもあります。

私も定番の「ヤフオクで確実に売れて利益が取れる商品」
というのがあるんですが、

それはブックオフで仕入れをしていますが、
それを単純にamazonで販売しようとすると確実に赤字です。

しかしヤフオクだと、しっかり25%の利益がとれます。

どこで売るのか?によって

・amazonだと赤字になるがヤフオクだと利益になる

・価格差を活用してヤフオクで電脳仕入をする

といったことがamazonとヤフオクを使って行えるので
上手にこの2つは活用していきたいものです。

久保

コメントを残す