面倒くさがっていたら赤字になりました

久保です。

せどりを始めたばかりの頃に仕入れた商品

出品した後、ずっと価格改定をしておらず、
半年を過ぎたぐらいに手動で価格改定をするものの

時すでに遅し・・・相場が崩れていて
大きな損失になってしまいました。

それでも「相場が戻るかも?」「もう少し様子を見てみよう」

と思いつつ、そのままにしていたら、

3945円で仕入れて、2890円で販売。

実質、1839円の赤字・・・となりました。

ちなみにその商品はこれ。
http://essayist-ex.jp/Lbh14908/1751

そして仕入れたのは昨年の8月。

バーコードリーダーで全頭検査をして
仕入れていた頃です。

あまり詳しいリサーチなどはせず、
とにかく棚を片っ端からチェックして

・ある程度のランキング(5桁)
・利益が出ている

であればどんどん仕入れていました。

そうやって仕入れた商品はもちろん売れるものも
ありましたが、今日話したような形であえなく「赤字」
になるケースも。

とはいえ、こまめに価格改定をしていれば、
最悪、トントンで終わったんですが。

その頃は商品数が500点は超えていたと思います。
そして私はせどりは副業で行っているため、
あまり時間をかけることができませんでした。

そういう状況が価格改定を行わない環境を作ってしまい

●本来ならもう売れているはずの商品も
売れずに残り続け、大きな損切りを行う羽目に

となってしまいます。

これはamazonだけに言えることではなく、ヤフオクも同じ。
相場を無視した価格設定だったり、旬を過ぎた商品は
売れ残ってしまい、売ろうとすると大きな赤字になることが
ありますので、

amazonやヤフオクを利用してせどりをされている場合は
しっかりと価格改定をされてください。

ほぼ放ったらかしでも利益を最大限に得ることが
可能な価格改定ツールを使いたいならこちらがおすすめです。

http://essayist-ex.jp/Lbh14908/2751

これ、価格改定だけではなく電脳仕入れもできてしまいます。

久保

コメントを残す